Welcome to my blog

Yammie,yammie days.

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せなひとりぼっち


幸せなひとりぼっち (2015)

【監督】ハンネス・ホルム
【出演】ロルフ・ラスゴード / バハー・パール / フィリップ・ベリ / イーダ・エングヴォル / カタリナ・ラッソン


★★★★☆ [90点]「温かなメメント・モリ」

ジャンル的にはハートフルストーリーなんだけど、個人的にはかなり良かった。
上映中に見逃して、DVDで昼間観たんだけど、あまりに良すぎて、その日の夜、家族ともう一度観たという…(笑)
そのぐらい好きかもしれません。

妻に先立たれ、リストラもされてしまいしを決意していた孤独な老人が、引っ越しでやって来た新しいご近所さんに巻き込まれ系のハートウォーミングストーリー。
合間の回想で主人公オーヴェのなかなかに波乱な人生を観ることになります。


割とスタンダードなストーリーではありますが、リストラ、介護問題、LGBTの差別問題、など結構小ネタで考えさせられる部分もありますが、温かい視点で描かれています。
(自家用車のサーブVSボルボの争いが笑えました。そして意外な結末にも抱腹絶倒(笑))

心臓発作からの生還で、
「オーヴェ、あなた本当に死ぬのがヘタね」
とご近所妊婦のパルヴァネに笑いながら言われて、この幸せはしばらく続くのかと思っていたのですが…

死のタイミングは選べない、だが死は誰にでも平等に訪れる。
亡き妻のソーニャ(この妻がもうすごく可愛い女性です)が生前に言っていた
「だから今を一生懸命生きるの」
というセリフが色濃く浮かび上がってきます。
このあたりのメメント・モリ的な作品のメッセージが、ワタシは心に強く残りました。

人生いろいろと悲しいこともあるけれど、概ね上々だったな、と思って死ねるように、ワタシも今を一生懸命生きたいな、と考えさせられました。
よい映画です。


Posted by yammieya on 2017/07/13 with ぴあ映画生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。